ネットセキュリティ対策の必要性とは

指紋認証システムの発展

数ある防犯の中で、利用者を特定し部外者に使用できないようにするセキュリティシステムで指紋認証があります。
指紋認証とは人間の指紋のパターンを使い個人を特定する認証方式のことです。
数ある生体認証の一つになります。
読み取り装置に人差し指をかざし、あらかじめ登録されたパターンに一致するかどうかで判断します。
指紋は人によって異なり、年月を経ても変化しないという特徴を持っているため、印鑑の代わりなどにも古くから利用されてきました。
さらに発展し、指紋認証は指先のパターンを読み取るだけでよいので機器の小型化が比較的容易にできるのが強みで携帯電話やスマートフォンにも利用されることもあります。
また、古くから多くの企業も研究してきている分野でもあるため、比較的安価で完成度も高いという特徴も持っています。
ただ、弱点もあります。
物理的には指先の凸凹のパターンを読み取る仕組みなので、樹脂などによって偽造したものを完全に見分けるのは難しいのです。
他にも手を直接機器に触れる必要があるため、飲食店や多くの人が利用する場面などでは衛生面の問題もあるといえます。
おなじく本人を認証するための生体認証の一つに指静脈認証というものもあります。
これは普及している指紋認証と違い本人だけが持っていて、しかも目で見ることができない指の静脈パターンを利用したシステムの事です。
このため、偽造や改ざんがきわめて困難で、認証精度もより高く強固なセキュリティが必要な銀行のATMなどに利用されているものです。