ネットセキュリティ対策の必要性とは

グループウェアの注意点

企業や組織内ではコンピュータネットワークをさまざまな分野で活用しています。
その中で情報共有のためのツールの一つにグループウェアというソフトがあります。
ネットワークにつながったコンピュータ同士で情報の交換や共有などができ、仕事などではスケジュール管理や連絡事項などの機能を使い、効率化を図ったものです。
電子メールや掲示板、ワークフローシステムなどの機能を一つにまとめたシステムでとても有効だと言えます。
離れた支店との連絡や顧客との情報交換など使い方はいろいろとあるでしょう。
便利な半面、もしも、企業のグループウェアに部外者が侵入してしまったらどうでしょうか?
顧客情報や社内機密情報など大事な情報を簡単に読み取ることが出来てしまいます。
なかでもアクセス権設定は最重要です。
外部の得意先に利用してもらいたい内容をグループウェアで利用する場合など、例えばA社がB社の情報を見られるようでは当然困りますのでしっかりと区分けする必要があり、それぞれアクセスする権限を設定し、外部に情報が漏れないようにする設定の事です。
危険要素はそれだけではなく、この大事なシステムにウイルスなどが入ってしまっても大きな損害になります。
外部との接触があるという事はそれ相応のリスクもあるとも言えます。
こういったシステムを利用する企業はこれらの理解を徹底し、安全に使うように努力しなければなりません。
便利だから、という安易な気持ちでの利用は決してやってはいけないですし、社内全体のセキュリティ意識を強めることが重要なのです。