ネットセキュリティ対策の必要性とは

カードキーの種類と未来の鍵の形

ひとくちに鍵と言ってもいろいろなタイプのものがありますが、その中でもカードキーについて見てみます。
カードキーの仕組みも様々あります。
鍵がカード状になっているという点では共通ですがカードにパンチ穴があり、その配列で解錠するもの。
カードにマグネットが内蔵されており、その配列で解錠するもの。
カードに磁気テープが張ってあり、その情報を読み取って解錠するものなど多岐にわたります。
そのいくつかを組み合わせたハイブリッドタイプもあります。
鍵なので紛失してしまえば困りますが、カードタイプであれば財布などに他のカードとともにしまう事も出来ますし、なによりもちょっとおしゃれな感じも受けます。
セキュリティの面でもカードだけでは解錠出来ず、さらに暗証番号を入力しないとならないタイプなど、従来のものよりも安全になっています。
現在カードキーの中で最新の技術を使っているものでは非接触ICカードキーがあります。
カードの中にICチップが内蔵されており、錠前に近づけるだけで触れなくても解錠出来るタイプです。
機器に近づけるだけで良いので鍵の形はカードの形状でなくどのようなものでもOKということになり、自由度もあります。
キャラクターの形のキーということも出来ます。
非接触ICカードキーと同じようなシステムに、電子マネーや携帯電話、クレジットカードなどがあります。
非接触ICカードキーは技術的にはそれらを錠前に利用したタイプということになります。
これからも鍵の形状や仕組みなどは変化していくことが予想できます。