ネットセキュリティ対策の必要性とは

金庫の利用について

頭にすぐ浮かぶセキュリティに金庫があります。
歴史がかなり古く、現金や貴重品などを収容しておくもので、収容以外に防犯用に使われることも多いです。
いくつかのタイプに分けられますが、耐火目的の金庫は火災などで書類や紙幣が燃えてしまうのを防止する目的の金庫です。
盗難防止目的ではないのである程度機能はしますが、盗難に対してはそれほど強固ではないものです。
一般的な素材はコンクリートで出来ており、水が含まれています。
火災時にはその水が蒸発し、冷却効果で内部の温度を抑える役目があります。
抑えるといいましても火災ですから非常に高温にはなってしまいます。
おおよそ耐用年数は20年としています。
盗難防止用の金庫は運ぶのが困難なように非常に重量があるタイプです。
さらに固定が可能で外すにも手間がかかるようになっています。
通常の家庭で使う金庫であれば2種類使う事は無く、火災目的と盗難防止目的両方かねて使用しているはずです。
貸金庫というサービスもあります。
主に銀行などの保管場所を個別に貸し出す制度で、月極め制度で料金を支払う形になるのが大半です。
金庫のタイプを紹介しましたが、それぞれ開け方も一つではありません。
古くからあるのはダイアル式で、ダイアルを回して開錠するものや、テンキーによる暗証番号を入力して開錠する仕組みなどがあります。
ダイアル式は番号を変えるのには特殊な専門の知識が必要なのに対し、テンキー式は暗証番号を簡単に変えられる仕組みとなっています。
かといって頻繁に暗証番号を変えて忘れたりしないように気をつけなければなりません。